米ドル/スイスフランの2011年以降をサイクル分析で予想してみた

スポンサードリンク

2011年1月23日(日)/米ドル/スイスフラン/の為替相場の予想・見通し

日本と同じく輸出依存度の高いスイス。フラン高に悩まされているスイスの輸出業界は先日、フラン高に関する会議を行うなど、深刻な事態に対して真剣に向き合っている様子が窺えます。会議のレポートについては、詳しくはこちらにあります。「フラン高に打つ手なし! 苛立つスイス産業界」 記事をご覧頂ければ分かりますが、実現性や効果は別としてユーロとの固定相場や紳士協定の話題が挙がるほどの厳しい状況にあるというのが現実のようです。

また、スイスはドイツ経済への依存が強く、もし欧州経済が今後、失速していくようなことになると最悪の場合、通貨高と貿易収支の悪化の両方がスイス経済に襲い掛かる可能性がありますので、スイスにとって、欧州のソブリン・リスクや金融危機は決して対岸の火事とは言えません。

しかし欧州のソブリン・リスクが鎮火し、もしこのまま世界経済が順調に成長をしていくとなると、どうなるのでしょうか?いわゆるリスク・テイクの流れから、スイスフランや日本円は売られることになるかもしれません。

そして、サイクルという視点から見てみますと、どうもスイスフランは今後6年間は、少なくとも米ドルに対してはフラン安に傾く可能性がありそうです。スイスフラン高に悩まされたスイスの産業界も胸をなでおろすことができるかもしれません・・・。

下のチャートは、セントルイス連銀ウェブサイトより引っ張ってきたドルスイの長期チャートに私が加工を施したチャートになります。

【USD/CHFの長期チャート/資料はセントルイス連銀ウェブサイトより】


クリックで拡大

チャートをご覧頂ければ、一目瞭然だと思いますが、過去40年スイス・フランは米ドルに対しては、10年と6年というタームを交互に繰り返して、規則的に動いてきています。そして今、ちょうどスイスフランは10年というタームが終了しつつあり、次の6年に向かう時期に差しかかっています。

いやぁ、それって、ただの偶然じゃないの?

その通りかもしれません(笑)

ただ、景気循環という波、例えばコンドラチェフ、ジュグラー、クズネッツ、キチンという当たるか当たらないのか分からないサイクルがあるように、また為替にも人智を超えたサイクルが一時的にせよ、存在するかもしれませんよね・・・(^^;)

年明け1回目の更新ということで、ちょっとネタ的な更新になってしまいましたが、「信じるか信じないかはあなた次第!」(笑)ということで、今年もよろしくお願いします。

スポンサードリンク