2010~2011年の米ドル/円の為替相場を予想してみた。

スポンサードリンク

2009年12月3日(木)/2010年~2011年までのドル/円の為替相場の予想・見通し



約3ヶ月ぶりの更新になってしまいました。相変わらず、2歳の娘と遊ぶか、相場を見てるか、そして仕事に忙殺されてるかという日々でして、ポジションを回転させながら何とかポジションが軽くなってきたかなと思ったら、あっという間に師走でした・・・。

さて相場ですが、豪の3ヶ月連続利上げ、ドル円の年初来安値更新、ゴールドの史上最高値連日更新、ついにきたドバイショックなど世界中で話題が豊富にありました。個人的には下の記事を読んで、豪ドルに軽い気持ちでショートで参戦したところ、担がれてしまったトレードが印象的でした(笑)

「あらゆる人が豪ドルを買っている」

前置きが長くなってしまってスイマセン・・。今回は米ドル/円の2010~2011年にかけての予想を見てみたいと思います。(個人的にトレードのスタンスは短期では統計的なデータを基にした売買システム、テクニカル指標やチャートをベースに、中期ではサイクルをベースにトレードしています。ファンダメンタルズについては、米経済をウオッチしています。(参考記事))

早速ですが、米ドル/円は早くも11月の終わりに84円台をつけるなど下げ足を強めてきており、2010年そして2011年の円高のボトムを目指して着々とその目標に向かって動いているように見えます。今のドル円相場は潜在的なドル供給量への不安、歴史的な超低金利のドル・キャリートレード、アメリカそのものへの不安などの見方に加え、私はもう一つ「2005年1月~2007年6月まで続いた円安バブルの反動」があると考えています。

2005年から2007年と言えば、世界中が好景気に沸いていたまさに「最後の宴」の頃で、円がとりわけ弱かった頃です。05年から07年のドル円の100~120円の値ごろ感は、過去を見てもそれほど円安だという風には感じませんが、実態としてはそれなりの円安だったということなのかもしれません。ではなぜ、この05年から07年の円安が重要であるかと言いますと、今回の分析でベースとなるラインが、2005/1/17 LOW/101.67→2007/6/22 HIGH/124.12(886DAYS/126WEEKS/29months)にあったからです。実はこのラインは、08年の3月17日(ベア・スターンズ破綻)、昨年の安値08年12月17日という大きなボトムから逆算する日柄とプライスについて、美しさでは格別に際立っていまして、2005年から2007年のラインが貴重なベースになり得ると考えました。

そこで、歩を先に進めまして2010年そして2011年を眺めてみますと、2010年の3月に76円前後、そして2011年の5月に65円前後までの円高があってもおかしくはないということになり得てしまいます。ファンダメンタルズ的には、アメリカがドル安を望んでいる節がありますし、中国が人民元を仮に来年の1Qのどこかで切り上げるようなことがあれば、連れ高で日本円の一段高があっても全然おかしくありません。また、ラリーが続いている世界の株式マーケットが来年の1Qあたりで調整に入ることがあれば、ドル高、円高が再び起こることも考えられます。また、現在の日本の政権が「デフレ宣言や内需拡大(いずれも円高容認)」を掲げているのも、円高をサポートしている気がしてなりません。

以上をまとめて考えてみますと、もし、来年の3月に向けてこのまま動いていくとすると、09年の12月のどこかで大きく円安に振れるときがあれば(介入や財政赤字拡大の話題が大きく出たときなど)、絶好のチャンスとなるかもしれません。ただ、相場に絶対はありえませんので、ストップだけはしっかり置きたいところです(^^;) 

スポンサードリンク