「オバマ米大統領は中国が人民元を操作していると確信している」

スポンサードリンク

2009年1月24日(土)

税金の納税遅れなどで出鼻をくじかれた感もある次期財務長官のガイトナー氏だったが、いきなり刺激的な発言を繰り出した。

オバマ米大統領が財務長官に指名したガイトナー氏が、同大統領は中国が人民元を操作していると確信していると発言。中国のアナリストの間では、中国は米国に対して不満を表明するものの、怒りをあらわにすることはないとみられている。(参照先)

今やアメリカ国債を大量に買ってくれる超お得意さんである中国に対して、ドル安誘導を促すような発言をするというのは、かなり過激な発言と言えるかもしれない。

対米貿易黒字国である日本も当然例外ではなく、おそらくアメリカ国債をナンピン買い、そして景気が回復するまではドル安でやりくりを迫るんだろう。いずれにしろ、ドル円は短期的なラリーはあっても円高トレンドがしばらくは続きそうだ。

下は直近5年のドル/円とドル/元のチャート。



スポンサードリンク