インド第4位のIT大手サティヤムの不正会計処理とインドルピー安

スポンサードリンク

2009年1月18日

インド版「エンロン事件」、あるいはインド版「ホリエモン逮捕」など様々に評されたインド第4位のIT大手サティヤムの不正会計処理問題。この手の事件は今も昔も断続的に起こっており、景気後退や資産デフレ期には残念ながら、もはや恒例になりつつある。こうした例は往々にして、氷山の一角に過ぎず、ぞろぞろと同類の企業が出てくることがあるので、インド・マーケットへの投資は慎重な判断が必要になりそうだ・・・。

好景気時には外国人投資家による資金流入が大きかったインド経済も、今回の世界的な景気後退には逆らえず2008の9月以降、インドルピーは円とは対照的にドルに対してルピー安が進んでいる。



スポンサードリンク