ドル/円は1進1退、ポンド、豪ドルはショート

スポンサードリンク

2009年1月11日

毎週土曜日に更新される、シカゴ先物市場の為替のマーケット建て玉推移(参照先)を見ると、相変わらずドル/円については円ロング、その他の通貨ではポンド、スイスフラン、カナダドルなどに対してドルが買われています。

先週のマーケットでは、アメリカではオバマ次期大統領が次々と大胆な経済政策を発表する一方(財政赤字の拡大懸念から長期国債が売られる場面も)、企業の先行き見通しの悪化や、失業率の悪化が鮮明に。イギリスは利下げを行い、戦後最低水準の金利水準へ移行。ドル/円は週前半と週後半で対照的な動きを見せ、乱高下、94-90円というレンジで推移。

スポンサードリンク