外国為替証拠金取引/FXとリスク管理と後悔

スポンサードリンク

外国為替証拠金取引/FXに限らず、投資において最も重要な 要素の一つにリスク管理があります。

まずは、著名な投資家がどのようにリスクを考えている かを見てみましょう。

ウォーレン・バフェット 2006年

「(投資家に求められるものは…)想像もできないような 大きなリスクイベントを察知し、それを避けることができ るリスク管理能力が遺伝子的にプログラムされていること」

ハリーマーコウィッツ ノーベル経済学賞

「もし、株を保有していないときに株が上昇するか、あるいは株を 保有しているときに株が下がったときの自分の無念さを思い描いた。 私の目的は将来の後悔を最小化することだった。」

ジャック・D・シュワッガー

「負けることへの恐怖こそが、負けの元凶となるのである。 負けを背負うことに耐えられないと結局、大きな負けを背負うことになるか、 絶好のトレードチャンスを逃してしまうことになる。いずれも、成功する可 能性を台無しにするのに十分なのである。」

いずれも投資の世界では、超有名な方ばかりですが、いずれも「損失」へ の意識が高いことが分ります。

また外国為替証拠金取引/FXについては、あのソロスですら「難しい」という為替 を相手にした投資ですから、とにかくリスク管理を徹底する必要があると考え られます。

筆者は個人的に、オプションや先物をリスク管理として使用するのであれば、 非常に有効な手法の一つであると考えていますので、仮にそれらを使用しな かった場合に得られた利益の80%にしか手に出来なかったとしても、リスク 管理ができる方を選択しています。

自分が相場を読み間違う可能性そのものも未知数ですし、それを自分が修正 できる可能性も未知数ですが、どちらが重要であるかと言いますと、速やか に修正する方であると思います。

最後に、あのジョージ・ソロスの以下の言葉を掲載して、リスク管理の結び としたいと思います。

「私が確かに人より優れている点は、私が間違いを認められるところです。 それが私の成功の秘密なのです」

スポンサードリンク