三菱UFJ証券/藤戸則弘氏の09年の為替相場の予想・見通し?

スポンサードリンク

2009年1月5日

三菱UFJ証券/投資情報部シニア投資ストラテジストの藤戸則弘氏の09年の為替相場についての予想・見通しが「2009年の株式投資戦略(参照先URL)」のレポートの中にありました。

<引用開始>

ドル/円相場は米国の財政赤字・経営赤字のファイナンス問題がドルの上値を抑えると見る。 予想レートは80~110円

ユーロ/円相場は年後半にかけてドルの受け皿の通貨に。予想レートは09年前半は100-135円、09年後半は105-135円

<引用終了>

レポートの中ではその他、為替相場で円高が長期化する可能性やドル/円相場がVIX指数との相関が高いことから、マーケット次第ではドル/円は大きく円高に振れる可能性にも言及していました。

かつて世界の基軸通貨だったポンドとその後に世界の基軸通貨となったドルが、しばらくは世界で併用されたように、今後もドルへの不安からとりあえずユーロを選択する流れが出てくるのでしょうか・・・。ドルからユーロへのシフトというストーリーについては懐疑的だと思う反面、ドル回避も今後は慢性的にありそうです。結局、円も含めて弱いもの探しの旅が続くのでしょうか・・・。

スポンサードリンク