中国の外貨準備高と為替相場について

スポンサードリンク

中国経済の躍進は誰もが認めるところですが、それに伴い中国の為替政策 が為替のマーケットに与える影響は日に日に増しています。

近年の中国は貿易黒字の拡大が著しく、対米貿易黒字、対ヨーロッパ貿易 黒字は年々増加しており、中でも対米貿易黒字は日本を抜き、世界でトップ となっています。実際の金額では、中国の2006年の貿易黒字額は約1400億ド ルとなり、日本の貿易黒字の約1000億ドル前後を上回っています。ちなみに、 日本は貿易収支よりも、配当や利子などで構成される資本収支のウェイトが 高くなっています。

一方、中国では、貿易黒字が膨らむにつれ、切り上げ圧力が高まっています。 ちょうど1980年代に日本がプラザ合意で1ドルが200円台まで切り上がったの と同じような為替圧力があると想定できます。

ところが、中国では通貨固定制を採用しており(至2007年)、元の切り上げ圧力 を逸らすためにも為替介入に近い形で、ドルやユーロを買い支えなければいけ なくなっています。

その為替政策が如実に表れているのが、中国の外貨準備高でありまして、すで に世界一の残高の外貨準備高は1兆ドルを突破しました。

中国政府は外貨準備高の内訳を明らかにはしていませんが、ドルとユーロがその 大半であると言われ、2000年以降は急激に残高が伸びています。

ちなみに2006年は、ユーロなどの値上がりと外貨準備高の上昇に明らかな因果関 係が認められる※ことからみても、中央銀行はドルの保有率を下げ、ユーロの比率 を上げてきているものとみられています。

※2006年の1月と11月はいずれも外貨準備高が急伸しており、その時に対ドルで ユーロ、円が上昇していたことからドルを売り、円と、ユーロを買っていたこと が予想されます。

中国政府、中国の中央銀行のそうした急激な動きは、為替のマーケットにも大きな 影響を与えておりまして、為替相場の趨勢を左右していると言っても過言ではあり ません。

こうした状況がいつまで続くかは分りませんが、2010年までには中国の外貨準備高 は2兆ドルを超えると予測するアナリストもいるほどですので、当面中国政府の為替 政策は注視する必要があると言えるでしょう。

スポンサードリンク