外国為替証拠金取引/FXと損失先送り

スポンサードリンク

外国為替証拠金取引/FXにおける最大のメリットである高いレバレッジ ですが、期待リターンが大きい反面、損失リスクも非常に高くなっ ています。

例えば、元本100万円の証拠金を預託し、1000万円程度の取引を行っ ていたとします。損得はプラスマイナス0といったところです。

その後、予想していた為替の動きとは別に動き出し、現在あなたの ポジションはマイナス200万円となってしまいました。

証拠金100万円に対して、損失が200万円ですから、100万円のマイナスです…。

ところが、現実にはその損失が増えていく過程で追加証拠金の差し入れ が必要となるか、自動的に反対売買を行い、損失を埋めていくことにな ります。

追加証拠金の発生については、上記で最初に預託した証拠金の50~100% の額を下回った分というのが一般的で、業者によって異なってきます。

※ちなみに最初に預託した証拠金のことを必要証拠金と呼びます。

では、自動的に反対売買というのはどういうことかと言いますと、平たく 言えば、あなたのポジションを解消して、損失を確定しまうことを指して います。

と以上のような流れが、外国為替証拠金取引/FXにおける損失が発生した際の 流れです。

実は、この中でも特徴的であるのは自動的に反対売買を行う「ロスカット」の システムです。

通常、行動ファイナンス上では人は損失を先送りする傾向が見られます。つまり、 自分が下した判断が間違っていたことを認めたがらないというわけです。

ところが、外国為替証拠金取引/FXにおいてはそんな人間心理の動向とは無関係に 非情なまでに「自動ロスカット」が行われます。

認めたくないだけに、心理的には痛みを伴いますが、実際は効率的である場合が ほとんどです。なぜなら、損失を確定する判断を行うことはついつい「遅れ」がち になるからです。

株式投資の現物投資で含み損を抱えた銘柄を持ち続けているという人がいますが、 自分が当初、どのような判断のもとその銘柄を購入したのかを忘れ、後から正当化 しようと躍起になっている間にますます株価が下がり、売るタイミングが結局、最 悪のタイミングだったということはこうした心理的な要因が影響しているとも言わ れています。

ということは外国為替証拠金取引/FXにおける「自動ロスカット」のようなシステムは、 特徴というよりも、自動的に効率的な売買を行ってくれる大きなメリットのように も見えてきます。

実績を上げている多くのトレーダーが、勝負の分かれ目に「ロスカット」を挙げて います。こうした効率的なロスカットを上手く利用あるいは意識しながら、トレー ドを行いたいところですね。

※多額の外国為替証拠金取引/FXを発生させるようなレバレッジの高い取引その ものが決して、重要なわけではありません。

スポンサードリンク