FXと高い流動性

スポンサードリンク

FXは外貨預金などと比較して、コストが安かったり、高いレバレッジ を利用できたりとメリットが多いですが、もう一つ大きなメリットと して流動性の高さが挙げられます。

【レバレッジ】

まず、FXは証拠金をもとにレバレッジをきかせて取引をできることから 取引量が多く、非常に流動性が高くなっています。

投資において利益確定を行うタイミングはいつも難しいものだと思いま すが、FXの場合は、流動性が高く、買い手がつかないということはほと んどありませんので、売りたくても売れないという心配はほとんど要り ません。

不動産投資や新興市場の株式などでは買い手がつかないということは決 して珍しいことではありませんので、相対的にFXは流動性という面では 大きなメリットがあります。

【24時間いつでも取引が可能】

また、FXはなんと24時間いつでも取引できるという驚異的とも言える取 引時間の長さが特徴です。

言い換えれば、24時間いつでも取引できるという意味で、非常に流動性 は高くなっています。

とは言いましても、現状ではヨーロッパやアメリカの日中の時間に取引が 活発な時間は限られていますが…。

ニュースや事件などへの反応度も、流動性の高さから非常に高くなっています。

【資金の流動性】

日本で外国為替及び外国貿易法が改正されたのは1998年で、FXが普及しはじめて まだまだ間もないというのが現状です。

法整備や投資環境が急速に整うにつれ、今後ますますマーケットへの参加者が 増加するものと予想されます。

となりますと、取引される金額はますます大きくなり、流動性がさらに高くなる ことが予想されます。

スポンサードリンク