IFD注文とFX・為替相場

スポンサードリンク

FXは多彩な注文方法があることでも知られていますが、今回はIFD注文 について説明したといと思います。

まず、IFD注文とは、「If Done」という英語の略称で呼ばれる注文方法で 指値注文や逆指値注文を発注するときに、同時に指値や逆指値注文などの 注文も発注するという注文形式です。

例えば、

A=110円の買い

B=108円の売り

2つの注文をIFD注文で設定しますと、Aが行われた後に、Bが自動的に行われる という流れになります。

ということは、Aが約定しなければ、Bもありませんし、またAは約定したが、B の発注は約定しなかったということもあります。

では、このIFD注文は何のために用意したのでしょうか?

今回の例では、損ぎりラインの設定です。

例では、110円以上の上昇を想定し、110円で買いを入れていますが、その予想が 外れてしまうことを想定して、108円で売っています。

つまり、リスクを抑えるためにIFD注文を設定したということになります。

上の例では、損ぎりということでしたが、IFD注文は想像力さえあれば、様々な 注文方法を設定できますので、使い方によっては、大きな武器になる可能性も あります。

この注文方法は、多忙な方やリスクを細かくコントロールしたいという方に 特に向いているかもしれません。

スポンサードリンク