FXと逆指値注文

スポンサードリンク

株式取引では使用されることが多い指値注文と逆指値注文。

FXでもよく耳にするようになった注文方法ですが、イマイチよく分らないとい う声も少なくありません。ここでは、できるだけ簡潔に説明したいきたいと思います。

指値注文は、自分の任意の判断で数値を指定していきます。

例えば、現在110円のポジションを持っており、この先は円安だと思っていたが、 100円まで円高が進みました。しかし、これ以上は下がらないだろうと思って、 含み損を抱えているものの、ホールドしていたとします。

もしあなたがこの状態で、現在のポジションを解消しようとするなら、指値注文 では、100~90円というところでしょうか。

では、逆指値の場合はと言いますと、予め数値が決められています。もちろん、 自分で決めておくのですが、例えば95円で売りというわけです。

行動心理学的には、人は損失を先送りしてしまう効果が見られます。つまり、上の 指値注文の損切り時に、人はぎりぎりまで我慢して、90円で売ってしまうことが少 なくありません。

しかし、逆指値を入れておけば、機械的に95円で損切りを実行します。

どちらがより投資効率において、効果的かどうかというのは判断が難しいですが、 心理面で脆さを自覚している投資家であれば、逆指値注文は効果をはっきりする かもしれません。

上の例でも分るように、損切りが自動的に行われるために、ロスが小さくなる 可能性があるからです。

ただし、逆指値注文があればリスクコントロールができるというのは、大きな誤信で、 逆指値を決めるのは結局投資家自身に過ぎないからです。

なお、逆指値注文は上の例とは逆の株式の順張りのように上昇局面でも利用できます。 例えば急激な円安が起きると想定したときに、逆指値に達した場合に自動的に買いが入 るようにしておくという利用方法もあります。

スポンサードリンク